スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告

no title

2015/10/29 (木) 23:43:06
転職をした。
業種は同じだから仕事の内容に大きな変更点があるわけではなく、
ただ収入が少し減るくらい。

残業もないし、
仕事量の圧倒的多さに打ちひしがれることもなくなった。
休みもしっかり貰える。
前職あってこその今だと思うからこそ、
前の職場や仕事を叩き込んでくれた上司に改めて感謝してる毎日。

この数年間無我夢中で仕事をし続けた。
やりがいとか楽しさ、とか今となってはもうわからない。
ただ、夢中だった。

だからこそ、
虚無感のようなものを、今感じてる。

期待されてるのはわかるし、
出世するのもありなんだろう。
収入をあげるために頑張るのも大事だ。
前はそうするためにも必死だった。

でも今はなんだろうか、身が入らない。
今の職場における目標が描けない。
頑張ろう、とは思う。
でも前のような頑張り方をしたら、
結局前の職場と同じことになるだけじゃないか?

#

真面目であること
一所懸命仕事すること
それが一体なんなんだと思って辞めたんだ
悔しかったのかな
それもあるけど
たぶん哀しかったんだ

#

多国籍から日本人しかいない職場になった。
前は前で多国籍で大変だったけど、
日本人しかいないのも辛いものがある。
仕事はあくまでお金を稼ぐ手段だと思うしそうあってほしいと望んでしまう。
だからもう少し冷たくて乾燥的であればと思う。
学校的な雰囲気も家族的な雰囲気も苦手で、
学校からも家族からも逃げ出したのに、
こうやって、突きつけられるとは思わなかった。

#

頑張る。それしかない。



Sent from my iPhone
スポンサーサイト
Trackback(-) comment(-) 携帯

大人、でしょ?

2015/05/24 (日) 13:44:02
夢から醒めるときがきた

救世主なんて、現れない
誰も助けてなんてくれない
辛い、なんて
苦しい、なんて
言ったって無駄なんだ

この住み着く感情を飼い慣らし、
現実に山積みになっている問題をひとつひとつ片付け、
わたしを救って助け出さなきゃ

だから、いつまでも
誰かが助けてくれる、
この山積みになった問題が魔法みたいに消え去る

そんな幻想に囚われてないで
目を醒さなきゃ

目を醒さないといけないのに
まだ、目を醒ましたくないよ

iPhoneから送信
Trackback(-) comment(-) 携帯

歪んだ世界にだんだん僕は

2015/05/24 (日) 13:33:02
逃げ出したくても
逃げ出せないのだ

我に帰ると途端に死にたくなる
それでも今抱えているものを放り出して死ねないのだ
ありとあらゆる責任や重さがのしかかって、その選択肢は消え去る

でもそれがここまで追い詰めてきた
休むことも死ぬこともできないのは
それがもう重過ぎるからだ
動き続けないと、だめになる

でも、それでも、
わたしはそこまで強くない

なんで、なんで、
ここまで頑張らなきゃならない

何もかもを削り去って、
そうすればすべてがうまくいく、
そう、信じてるから動ける

でもそうなのか
本当にそうなのか

もうわからないんだ
投げ出したい
休みたい
動き続けたくない

うんざりだ

BGM unravel/TK from 凛として時雨

iPhoneから送信
Trackback(-) comment(-) 携帯

no title

2015/05/20 (水) 21:36:01
壁、壁、壁、そこら中に張り巡らされてる

心が折れたって、
いくら寂しくなっても、
動き続けるしかない

休む、なんて選択肢がなくなることを、
止まることの恐ろしさを
何一つわかっていなかった



iPhoneから送信
Trackback(-) comment(-) 携帯

no title

2014/10/04 (土) 16:49:02
至らぬことを言う前に
要らぬことを言う前に

この口を結いてほしい

もう何も喋りたくない
喋ることが怖い


iPhoneから送信
Trackback(-) comment(-) 携帯

empty

2014/06/14 (土) 09:15:03
全てのことが燃え尽きて、
将来のことすら考えず、
一日一日をひたすら消化していく毎日。
空っぽだとは思う。



仕事が好きだったわけじゃない。
好きだからという理由で毎日朝から晩まで働けていたわけじゃない。
わたしには仕事しかなかったから。
仕事以外に不安も隙間も埋めてくれるものがなかっただけ。




いざ、死のうとしたら、
死ぬ場所にも迷う。
生きることも、死ぬこともできないのはとても苦しいことだと思う。
だったらもう自殺幇助センターを作れよ。
国が自殺を防ごうと動かないのなら、
いっそセンターを作ってしまえ、
個人でできること、なんてあるのか。

友人の自殺、という報せを聞いてふいに頭をよぎったこと。
死刑制度を調べて調べるほど頭をよぎったこと。

もし、わたしが働くことができなくなって、
誰かの援助や介護、家族に負担がかかるようになったら、
わたしは死にたいと思う。
いざ死のうと思ったら、どう死ねばいい?
誰にも何にも迷惑かけずに自殺することは可能なのか?
そう、考えれば国で自殺幇助センターを作ってほしいと思った。
わたしはそれは希望であり、光だと思う。
最期の手段で自殺があると思ったら、わたしは生きることが楽になる。
全ての人間に、理解や同意を求める気はないけど、
でも、死ぬなら誰にも迷惑かけずに、とか、
死ぬ気になれば何でもできる、という人間にはうんざりし続けてる。

生きることだってできない、
死ぬことだってできない、
その辛さで頭がおかしくなってしまいそうだ。

その手の言葉を言える人はなんて運のいい人たちだろう、と思う。
そこにあるのは羨望と


iPhoneから送信
Trackback(-) comment(-) 携帯

費えた、潰えた、言葉で

2014/03/19 (水) 05:43:03
不安を言葉で埋めようとしたところで、一時的でしかない。
わかっているはずなのに。
いったい幾つの言葉を使い果たせばわたしは満足するのだろう。



わたしが抱えている不安や恐怖を誰かと共有して薄めたい、
それが今のわたしの一番の望みだろう。
子供の頃なら出来た、かもしれない。
でも、もう無理だ。
大人になってしまった。



一体いつから今を楽しめなくなったのだろう


BGM Emotions/MAN WITH A MISSION
Trackback(-) comment(-) 携帯

事実確認

2014/02/15 (土) 20:42:22
【わたしずっと死にたかった】

夜中ふいに知った。
あの頃ほど強烈なものではないから気づかなかったけど、
最近ずっとずっと死にたかった、みたいだ。

目標も夢も何か夢中になれるものもなくして、
ただ目先の仕事と生活の処理と、
焦りと不安と恐怖に、
もう耐えきれなくなっていた。

自分ひとりで生きていけるように、
自分をちゃんと守れるように、
自分の面倒を見れるように、
そう思って思って、
でもそれがあまりに強烈で、重すぎて、
その熱量と重さにもう耐えきれなくなっていた。

仕事もただ忙しくて、
私生活のほうも激変して、
色んなことをどんどん擦り減らしてきてしまったようだ。

疲れてしまったようだ。
でもね、きっとまだ頑張れるのよ。
ただね、頑張りたくないのよ。

うまく呼吸ができない。
うまく力が抜けない。
空気を読みたくない、感じたくない。

何もかも抱えきれないことをわかっているのに、
何もかも抱えようとしてしまう自分に嫌気が差す。

力が抜けない。
全てのことに突っ走っては一生懸命になっている自分に嫌気が差す。

要領が悪くて、不器用で、
いつだって、惨めで醜い自分に嫌気が差す。

そういう仕様だってわかってるのよ。
ただもううんざりしてる。

疲れて、怖くて、
もう怯えたくなくて、
ずっとずっと死にたかった。

逃げ道なんてない。
でもその事実を知れたことだけが救いだと思って這い上がってみせる。

強く、はない。
打たれ弱い。
だから、今この様。
それでも、立ち直りは誰よりも早いよ。

だから、きっと【大丈夫】
Trackback(-) comment(-) 携帯

ここではないどこかに行けば救われるのだろうか

2014/01/31 (金) 15:54:52
こんなにも苦しくて、恐怖で、堪らないのが続くのなら死んでしまいたい、と思った。
消えてしまいたい。
跡形もなく。
それができないから、こんなにも苦しいのか。

自殺なんて終わり、絶対に嫌なの。
でもなんで、こうも残酷なのだろう。

堪らないの。
怖いの。苦しいの。

またわたしは黙って自分の心が壊れていくのを見ていればいいの?

そうすれば全て上手く丸く収まるから、そう言って。

Trackback(-) comment(-) 日記

余白は潰えてしまった?

2013/10/12 (土) 23:48:03
フリーターの限界、25歳。
自分のなかで決めた、この歳までに大きな結果を出す、出さなければ、と考える年齢、28歳。


うじうじ悩んでる、不安がっている暇なんてないのに、
ふと隙間が出来ると考えてしまう。考え込んでしまう。


程度の問題なんだ。
毎日仕事の忙しさで何も考えることができないのも問題だけど、
そうやって少しの隙間ができると、溢れ出す不安に怯えて、
仕事で隙間を埋めようとするのだって問題なんだ。


不安だ、怖いな。
わたしってなにがあるんだ?
いつだって振り返れば聞いてしまう、
「この感じで大丈夫?このまま突き進んで大丈夫?」


突き進むしかないし、足掻くしかないのに、
そうであってほしいだけ?

ふと冷静になる瞬間が堪らなく怖い。


気負いすぎだと、
もう少し肩の力抜きたい、

でも、なんか無理だ、できない


力を抜いたら、動きを止めたら、

もう抑えが効かなくなりそうで


そこで待っているわたしが怖い


BGM 夜空ノムコウ/SMAP
Trackback(-) comment(-) 携帯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。